26歳OL、正社員辞めました

Freedia

26歳OL、正社員やめました

必然的ミニマリスト生活:個人的に“絶対”持っていきたい5つのアイテム

 

f:id:kahosblog:20171002144843j:plain

必然的ミニマリスト生活:“絶対”持っていきたい5つのアイテム

 

 

10月の中旬にシェアハウスへの入居が決まっています、ヤマノカホ(@kaho_yamano)です。

 

シェアハウスというと、どんなところを想像しますか?100人くらい入居者がいて、週末になると交流イベントがあるところ。海外からの留学生も住んでいる国際色豊かなところ。共通の趣味の人が集うところ。いろいろなコンセプトのシェアハウスがありますよね。

 

わたし住むところは、3・4階が入居者用の部屋で1・2階が短期滞在者用の部屋となっている、女性専用のシェアハウスです。新しいところで、わたし自身もまだ入居していないので、どんな人たちがいるのかわかりません。ただ、不動産屋さんにきいたところ、内見にくる人はわたしと同世代が多いそうです。

 

さて、そんなシェアハウス生活まであと少しですが、わたしの住む部屋がどんな部屋かというと、【5.6畳・クローゼットなし・ベッド付き・机付き・Wi-Fi完備】という条件でございます。

 

これ、ほとんどモノを持てないですよね。まあ、身軽でいたいという理由でシェアハウスを選んだので、問題はありません。(詳細:わたしがシェアハウスを選んだ4つの理由 - 26歳OL、正社員辞めました

 

ただ、わたしはミニマリストではないので、いま現在はしっかりとモノを持っています。本が好きなので所有物のほとんどが本なんですが、ファッションも好きなので洋服も多めに持っています。音楽も好きですが、いまはSpotifyとApple Musicを利用しているので、CDはほとんど持っていません。

 

つまり、持っていくモノの選別をしなくてはいけない。

ということで、ミニマリスト生活に“絶対”持っていきたいものを書いていきます。

 

 

 

1.ノートPC

f:id:kahosblog:20171003101953j:plain

 

これは必須ですよね。わたしはPCでブログを書いているので、絶対に必要です。デスクトップではスペースをとるし、それ以上に場所が決まってしまうので持ち運びに便利なノートPCが必要です。

 

ただ、今後このブログで図やイラストを書いて載せたいので、ノートPCとはべつにiPadがほしいなと思っています。

 

 

2.オン・オフOKの黒い靴

 

オン・オフどちらのシーンでも使える靴は便利です。いま持っている両用できる靴はfork&spoonのバレエシューズです。

 

デザインがレースアップなので、オジ靴っぽいですよね。柔らかくて、すごく履き心地がいいです。長時間歩いても、スニーカーよりもつかれません。足にしっかりと馴染んでくれます。

 

 

3.デニムコート

 

トレンチコートじゃないんかい!という感じですが、デニムコートです。トレンチコートは疲れるのでキライなんです。デニムコートは、流行の影響を受けそうな気がしますが…。でも、デニム生地はいつでも万能ですし、わたしは背が高い(約170cm)ので、スタイル的にきまります。

 

わたしが勤務することになっている会社は服装自由なので、シンプルな洋服を制服的に着こなそうかなと考えています。

 

 

4.product(ザ・プロダクト)のスキンケア用品

f:id:kahosblog:20171003102324j:plain

 

オーガニック・ケア用品のブランド「product」の化粧水と美容オイルは必須です。Productといえば、ヘアワックスなどのヘアケア用品が有名ですが、じつはスキンケア用品も2017年のはじめに登場したんです。

 

わたしは混合肌で、唇の下や小鼻のキワが乾燥します。皮がぽろぽろ剥けていたんです…。いろいろ試したけど合わなくて。でも、productのスキンケア用品を使ったら効果がてきめんでした。東京の冬は乾燥するので、絶対に持っていきます。

 

スポイトで必要な分を手に取るようにできているので、量は少ないですが意外ともちます。化粧水はトロトロしていて、肌なじみがいいですよ。

 

 

5.“お気に入りの笑えるもの”

 

最後は“お気に入りの笑えるもの”です。笑うことは、なによりもエナジー・チャージになるので。わたしの場合は『聖☆おにいさん』です。なにも考えず、リラックスして笑うための必需品です。疲れたときやアイディアがわかないときに、ひと通り笑って気分転換をしています。

 

イエスとブッダが人間世界にきて(バカンスで)生活しているお話です。ゆるくてシュールな笑いが続くので、ずっと笑いつづけられます。中村光さんは、天才だと思います。

 

 

 まとめ

持ち物の少ない生活だからこそ、自分のお気に入りをしっかりと選びたいと思います。

 

 

 

 おすすめ記事▼

わたしがシェアハウスを選んだ4つの理由 - 26歳OL、正社員辞めました