26歳OL、正社員辞めました

Freedia

26歳OL、正社員やめました

必然的ミニマリスト生活:“生活”を軸に、自分にとって大切な持ち物を選ぶ

 

f:id:kahosblog:20171012185313j:plain

 

必然的ミニマリスト生活:“生活”を軸に、自分にとって大切な持ち物を選ぶ

 

シェアハウスへの引越しが迫ってきました、ヤマノカホ(@kaho_yamano)です。

 

収納の少ないシェアハウスでは、持ち物を厳選する必要があります。

 

www.kaho-yamano.com

以前、上記のような記事を書いていましたが、現実的には物を捨てきれないまま引越しです。理想をいえば、トランクひとつで引越したかったんですが、心配性なのでトランク+段ボールひとつで落ち着きました。 

引越し用の荷物がひと通りまとめ終わったので、どういう基準で選別したか、持ち物別で書いていきます。

 

 

 

ファッション

洋服

わたしは高校から私服校で、いろいろな洋服でオシャレをすることが好きでした。高校・大学時代は洋服で“アイデンティティ”を表現してたくらいです。

社会人になってからはオフィスカジュアルを指定されてたので、洋服の雰囲気が変わりましたが、それでもたくさん服を持っていました。

お給料が入ってきてクレジットカードを作って、オンラインショッピングでの買い物がとても増えました。(田舎でお店がないせいも大きいですが......)実物を見ないで買い物をしてるので、結局着ない服が増えるばっかりなんですよね。

 

今回の引越しでは、最終的に2ndストリートとメルカリを使って30着ほど処分しました。自分で思っていた以上に着ていない洋服があって、びっくりしました。

 

そんなわたしがシェアハウスに持っていく洋服は、トップス8枚、ボトムス5枚、アウター2枚。ずいぶん減らすことができましたが、まだ多いと思っています。なので、転居先で「やっぱり着ないな」と思った洋服は売るつもりです。

 

さて、たくさん洋服を持っていたわたしが、どうやって服を選んだか。“ときめき”も大切なんですが、“ときめき”を第一基準にすると上手に選べません。

そこで、“ボトムス→トップス”の順番で選ぶことにしました。

どうしてかというと、コーディネートの印象はボトムスで変化をつける方が簡単だからです。

 

ボトムス
  • きれいめの黒いパンツ
  • ストライプのひざ丈スカート
  • きれいめなマスタード色のワイドパンツ
  • フェイクレザーの黒いスカート
  • カジュアルな黒いジョガーパンツ

雰囲気のちがうボトムスをそろえたので、同じ服ばかり着まわしていてもマンネリ感がでないです。会社が服装自由なので、少ない洋服でも、いろんな雰囲気を楽しもうと思います。

 

トップス

トップスは上のボトムスに合わせやすいものを選びました。その結果、無難な色ばかりになりましたが、その分デザインで楽しめるものも残しています。

  • ボリューム袖のトップス(白)
  • 袖にリボン付きのトップス(白)
  • 白いブラウス
  • グレーのハイネックニット
  • HARE×ChampionのTシャツ(白)
  • グリーンのセーター
  • グレーのロングカーディガン
  • ネイビーのカーディガン

だいたい合わせやすいものばかりです。グリーンのセーターは昨年買ったばかりのMonkey Timeのもので、お気に入りすぎでもってきたものです。オーバーサイズのニット×黒のジョガーパンツは、大好きな組み合わせです。

 

アウター

アウターは気温によって調節できるように、2着持っていきます。

  • デニムのコート
  • グリーンのコクーンコート

どちらも、お気に入りです。本当はグレーのロングコートも持っていきたいですが、長すぎてかけるところがないので、今回は我慢しました。

 

シューズ

靴は4足だけ持っていくことができます。ただ、リビングや洗濯場、屋上が外履きでないといけないので、1足はサンダルを買うつもりです。

なので、持っていくのは3足。わたしはパンプスを履かないので、レースアップのバレエシューズとスニーカー2足を持っていくつもりです。

  • fork&spoonの黒いバレエシューズ
  • PUMAの黒いスニーカー
  • ニューバランスのグレーのスニーカー

この3足を持っていきます。ただ、ショートブーツが1足ほしいのでスニーカーを1足処分するか、我慢して1足だけ部屋に置くか......。悩みどころです。

fork&spoonのバレエシューズは綺麗な形で、ONでもOFFでも履けるので、とても便利です。足にも馴染むので、歩きやすくて疲れにくい、とてもオススメのアイテムです。

 

バッグ

カバンは大きさ別で4つ持っていきます。

  • キャリーケース
  • NorthFace(ノースフェイス)のリュック
  • MARC JACOBS(マークジェイコブス)の黒革のバッグ
  • Manhattan(マンハッタン)のメッセンジャーバッグ

キャリーケースは、荷物運びにも使いました。遠出をする可能性もあるので、とっておきます。リュックはPCを入れられるサイズなので、休日に外でPCをしたいときに使います。マークジェイコブスは、大きすぎないサイズ感が仕事にも持っていきやすいです。あと、ちゃんとしたデザイン・品質なので、きちんとした場面にも使いやすいです。メッセンジャーバッグは、一番小さいサイズのものです。ライブやちょっとした外出に使います。旅行で財布とスマホだけ持っていきたいときにも便利です。

 

本は、わたしの生活のなかで重要な位置にあります。ブログで書くネタ収集でもありますし、実生活を進めていくためのエネルギーでもあります。読んで、考えて、参考にするかしないかは自分で決める。これをくり返していくことって、すごく大切だと思います。

大人になると、時間や生活に追われるばかりで、楽だから安定に流されて、ふと気がついたときには「こんなはずじゃ、なかったのに」と、なってしまう。そんな危険が日々にあります。

わたしはやりたいことが多すぎで、外には出たいけど“積極的に”外に出たいとは思わないので、自分のペースで刺激を吸収できる“読書”はとても重要なんです。

 

でも、さすがに持っている本をすべて持っていくことはできない。1000冊くらいあったから......

ということで、つづきを読みたい読みかけの本と、わたしにとって大切すぎる本だけ、持っていきます。ビジネス書が4冊と、小説が4冊、音楽雑誌を1冊と、漫画を3冊持っていきます。

 

ビジネス書
  • ギグ・エコノミー 人生100年時代を幸せに暮らす最強の働き方
  • ぼくらの仮説が世界をつくる
  • 魔法のコンパス 道なき道の歩き方
  • 自分の小さな「箱」から脱出する方法

 

小説
  • 魔が差したパン
  • 星がひとつほしいとの祈り
  • その手をにぎりたい
  • 放課後の音符(キイノート)

 

雑誌
  • MUSICA

(SKY-HIのインタビューは持っていたい......)

 

漫画
  • 聖☆おにいさん 11~13巻

 

 

これが、わたしがシェアハウスに持っていくものです。実際には、あと収納や洗濯の道具、PCと外付けドライブを持っていきますが、それは選択の余地なく必要なものなので。

わたしの生活に色をのせてくれるものは、こんな感じです。

あとは、生活するなかで使わないものを処分したり、必要なものを増やしたりしながら微調整をしていきます。

ただ、本当にモノを増やしたくないので、買ったら買った分だけ処分していくつもりです。