26歳OL、正社員辞めました

Freedia

26歳OL、正社員やめました

Justin(ジャスティン)、スーパーボウルのハーフタイム・ショーやるってよ

f:id:kahosblog:20171023222944j:plain

Justin(ジャスティン)、スーパーボウルのハーフタイム・ショーやるってよ

 

朝起きてから家を出るまで英語しか使わなかった、ヤマノカホ(@kaho_yamano)です。

“Good morning.”“OK.”“Here.”“ON , and start . This is 33 , so this line , OK?”だけですけどね。見事にカタコト。笑 でも、伝わるからいいんです。本当は、きちんと会話したいけど。ちなみに、上の会話はランドリーへの案内と洗濯方法の説明です。33は水の量で、this lineは洗剤容器のキャップのラインです。

 

さて、そんな拙い英語しか使えないわたしですが、洋楽が好きです。ジャスティンが好きです。ジャスティンはジャスティンでも、ビーバーじゃなくてティンバーレイクです。ファレル・ウィリアムスやティンバーランドとの作品も多い、偉大なスターです。 

そんな彼の一番新しい楽曲は、“CAN’T STOP THE FEELING !”で映画「Trolls」のテーマ曲です。

 

www.youtube.com

 

惜しくも、アカデミー賞は逃してます。(La La Landの“City Of Star”が獲得してます。)そんな「Trolls」では、ジャスティンがサウンドトラックのエグゼクティブ・プロデューサーでした。ファレルの「ミニオンズ」といい、ジャスティンの「Trolls」といい、最近はCGアニメーション映画のサントラを担当するのが流行ってるのでしょうか……

さて、ジャスティンですが、ここ数年アルバムを出してません。最新アルバムは2013年3月に発売された「20/20エクスペリエンス」と、同年9月に発売された「20/20エクスペリエンス2/2」です。SUIT & TIEから4年も経つなんで、信じられません。ホーンを引き連れてタキシードで踊る姿は、いま見ても惚れぼれとします。

www.youtube.com

 

そんなジャスティン・ティンバーレイクが、スーパーボウルのハーフタイム・ショーでパフォーマンスをすることが決まりました!!これは、あわよくば新アルバムが期待できるかもしれません!!!

 

つらつらと書いて今さらですが、もくじです。

 

 

ティンバーレイクのショーの魅力

ジャスティン・ティンバーレイクのショーは、一生に一度でもいいから観にいきたいです。というのも、彼の高い歌唱力と最高のダンス・パフォーマンスにくわえて、ザ・テネシー・キッズによる分厚い音があるからです。生のバンド演奏の音は、本当にど派手で煌びやかで、言葉にできないほど最高の体験をさせてくれます。

ちなみに、そんなジャスティンのショーですが、Netflix限定の映画「Justin Timberlake + the Tennessee Kids(ジャスティン・ティンバーレイク+ザ・テネシー・キッズ)」で観ることができます。

▼予告映像

www.youtube.com

 

この映画は、ジャスティンのワールドツアー・ファイナル公演のドキュメンタリーです。監督はレクター博士でおなじみ「羊たちの沈黙」でアカデミー賞を主要5部門を受賞した、ジョナサン・デミです。

予告映像からも、ショーのクオリティの高さが伝わってきますよね。観ているだけで、お腹の底からワクワクしてきます。

そんな彼が、スーパーボウルのハーフタイム・ショーでパフォーマンスをするんです。いまから、とても待ち遠しいですよね!

 

 

スーパーボウルのハーフタイム・ショーとは

ここで、スーパーボウルとそのハーフタイム・ショーについてもご紹介します。

 

まず、スーパーボウルとはアメフトのリーグであるNFLの優勝決定戦のことです。そして、アメリカ最大のスポーツイベントでもあります。スーパーボウルは、毎年2月上旬の日曜日に開催され、アメリカでは“スーパーボウルサンデー”などと呼ばれる、事実上の祝日になっています。スゴイですよね。

 

そして、そんなスーパーボウルのハーフタイム・ショーは、スターたちにとっても権威のある舞台となっています。そのきっかけを作ったのが、マイケル・ジャクソンです。

マイケル以前はカントリーのアーティストが中心となってパフォーマンスをしていました。その結果、ハーフタイムの間だけ視聴率が落ちてしまう、という事態が発生します。そこで、起死回生をねらって起用されたのがマイケル・ジャクソンでした。そして、マイケルは試合よりも高い視聴率をたたき出しました。

 

それ以降は、スターたちの“名誉ある舞台”へと変わりました。

歴代のパフォーマーには、ダイアナ・ロス、スティービー・ワンダー、エアロスミス、U2、ジャネット・ジャクソン、ポール・マッカートニー、マドンナなどがいます。そうそうたる面々ですよね。直近の5年は、ビヨンセ、ブルーノ・マーズ、ケイティ・ペリー、コールドプレイ、レディー・ガガがパフォーマンスをしています。まさに、“世界的”なアーティストである証明、という感じです。

 

まとめ

スーパーボウルのハーフタイム・ショーは世界的な最高の舞台です。どんなパフォーマンスをみせてくれるのか、いまから楽しみです。そして、ほのかに新曲の可能性にも期待してます。前回のアルバムから4年以上たったので、そろそろまた新しいジャスティン・ソングを聴きたいです。

 

 

CAN'T STOP THE FEELING! (Original Song From DreamWorks Animation's

CAN'T STOP THE FEELING! (Original Song From DreamWorks Animation's "Trolls") - Single

  • ジャスティン・ティンバーレイク ポップ ¥250
  • AppStoreで入手

 

The 20/20 Experience (Deluxe Version)

The 20/20 Experience (Deluxe Version)

  • ジャスティン・ティンバーレイク ポップ ¥1600
  • AppStoreで入手

 

The 20/20 Experience - The Complete Experience

The 20/20 Experience - The Complete Experience

  • ジャスティン・ティンバーレイク ポップ ¥2500
  • AppStoreで入手