26歳OL、正社員辞めました

Freedia

26歳OL、正社員やめました

恋愛の“好み”って一人ひとり全然ちがうなあ、という話。

f:id:kahosblog:20171209214454j:plain

恋愛の“好み”って一人ひとり全然ちがうなあ、という話。

 

脳内がお花畑になっている、ヤマノカホ(@kaho_yamano)です。

独り身継続中なのですが、気持ちがイルミネーションに毒されてます。恋愛関係の記事ばっかりなのは、「恋したい!」という信条のあらわれです。

 

さて、今回は恋愛の“好み”って千差万別だなあ。という話です。

 

ヤマノカホの場合

 

興味ないと思いますが、礼儀かなと思うので一応“ヤマノカホの好み”を書いていきます。

 

【性別】

・男性(今のところ)

 

【身長】

・目線が同じくらいの高さにある人。できれば5cmくらい高いとうれしい。※わたしの身長は168cmです

 

【社交性】

・少人数を好む人

 

【性格】

・笑顔が多い

・ノリはよくなくていいので、話の内容が興味深い人が好きです

・論理的で温厚(すっきりとしたコミュニケーションが好きなので)

・自立的(わたしが自分の時間がないと滅入ってしまうので)

・変化や予期できないことを楽しめて受け入れられる

・好奇心旺盛

 

【年収】

・年齢相応ならいいんじゃないかな(全然しらないけど)

 

【学歴】

・学歴というよりは、学生時代に“学ぶ”ことを意欲的に楽しんでた人がいいです

 

【職業】

・法に触れていなければOK

 

【外見】

・横顔がキレイな人

・歯並びがキレイな人

 

こんな感じでしょうか。「何様だよ」って感じですね!とくに、性格の項目が「理想たかいなー」という感じです。ハハハ... まあ、ただの“好み”ですから。

 

ちなみに、わたしの“好み”の中で「意外!!」と言われるのは【身長】です。長身女性が長身男性を好きだと思ったら間違いです。(サンプルはヤマノのみですが)見上げるということに慣れていないので、長身男性から感じる“圧迫感”が苦手です。男性と同じ目線で会話をする方が、安心するし楽しいんですよね。近い距離感がいいというか...。あと、補足として、+5cmが良いというのは「気兼ねなくヒールを履きたい!」というだけのことです。

 

って、ここまで書きましたが、わたしの理想はただ一つ”星野源の『子供』のような関係を築ける人”です。

 

 

友人Aの場合

 

次に友人Aの場合です。彼女はとても小柄な女性です。先日会ったときには、小6の親戚に身長をこされたと言っていました。

 

【性別】

・男性

 

【身長】

・高ければ高いほどいい(理想は180cm以上)

 

【性格】

・一緒にいろんなところに出掛けられる

・明るくて真面目な

・安定志向

・共感をしてくれる

・結婚して、子どもができた後の生活も想像できる人(絵に描いたような家庭を築けそうな人)

・家庭的

 

【収入】

・多いに越したことはないけど、普通でいい

 

こんな感じらしいです。身長は無いものねだりらしいです。実際に、彼女のまわりには男女関係なく長身の人が多いです。無意識的に、そういう人に惹かれてるみたいですね。

 

 

友人B美の場合

 

彼女は一度も実家を出たことがなく、“ザ・長女”という性格の持ち主です。子どもの頃から家事を一手に引き受けてきた栄養士さん、という“家庭的”の塊のような人です。そんな彼女の好みは、こんな感じらしいです。

 

【性別】

・男性

 

【性格】

・甘やかしてくれる人

・気分の変動を受け入れてくれる

 

【身長】

・170cm以上

 

【外見】

・塩顔

 

【収入】

・仕事してればいい

 

「理想は、年上で存分に甘やかしてくれる人!!」と常々申しています。あたまをポンポンッとされて、「がんばってるね」と言われたいらしい。胸キュンシチュエーションだなと思います。でも、わたしは「お疲れさま」と言いたい側です。ここも人それぞれなんですね。

 

 

友人C絵の場合

 

彼女はバックオフィス勤務のOLさんです。愛嬌たっぷりなおかげで気が回らないことも、可愛さに変化しています。先日、結婚しました、おめでとーう!!!そんな彼女の“好み”です。

 

【性格】

・尊敬できること

 

【その他】

・心身ともに健康であること

 

以上です。え、それ“好み”っていうか“大前提”じゃないの????というのが感想ですが、“好み”らしいです。ちなみに、そんな彼女ですが、24~25歳のころは「友だちが多い人」と言っていました。その前は、「顔が整ってる人(だって、ブサイクが子どもに遺伝したら可哀想じゃん!)」とおっしゃっていました。わたしはどちらの意見も猛烈に否定した記憶があります。

そんな彼女ですが、「友人関係の規模はふつう」「顔は整ってるわけではない(ブサイクでもない)」な男性と結婚しました。

“好み”なんて、年齢とともに変化していきますよね。というか、“好み”はあくまで“好み”なので。

 

 

結論:“好み”は千差万別

 

ソース4人(感覚的には3.5人)という少なさですが...。千差万別ですね。

でも、今回の話をしていて俗にいう“ハイスペック男性”が万人にとって“ハイスペック”ではない、ということですね。“3高”とか、全部表面的なことだけどなって思いますよね。

 

おしまい!(単なる雑談的な記事なので、後日消すかもしれません)