26歳OL、正社員辞めました

Freedia

26歳OL、正社員やめました

【LIFE DESIGN】1歳年を取るたびに、心の中でライフステージが変化する

f:id:kahosblog:20171210180425j:plain

【LIFE DESIGN】1歳年を取るたびに、心の中でライフステージが変化する

 

先月の下旬に“20代後半”になりました、ヤマノカホ(@kaho_yamano)です。

 

“アラサー”という言葉が身に染みます。この言葉が生まれたときは女子高生でした。部活と勉強に追われながら「青春って、“耳をすませば”みたいなのじゃないの!??」と嘆きつつ、友人に「あれ、中学生だよ」と言われ口から心臓が出そうになっていた時代です。“アラサー”なんて、目を凝らしても見えないくらい遠くのことだと思っていたのに...

 

そんなヤマノですが、24歳になった頃から“年齢”に対しての感覚が変わってきました。今の時代、「女性の年齢はクリスマスケーキ」なんて言われませんけど。それでも肌感覚的に、周囲も自分も人生についての捉え方が変わってきている気がしました。

 

そして、1歳年を取るたびに、毎年ちがう種類の怖さが心の底に溜まるように感じるんです。たった1歳年を取っただけなのに、誕生日を境に“ライフステージ”が勝手に変化してしまった気がするんです。

 

 

24歳から25歳になったとき

 

24歳から25歳になったときは、急に若さを奪われたような気がしました。「“女子”ではいられない。」「甘えていられない。」「許される範囲が狭くなった。」そんな感覚です。

でも、挑戦したいことは山ほどある。だから、恋愛だって後回しにして独りでいたい。その方が身軽だから。

 

そういう、狭間にいました。両親が結婚したときの母親の年齢が“25歳”です。急激に、“結婚”とか“家庭”とか“将来設計”とかが、リアルさを帯びてきました。わたしの周りには結婚ラッシュがいませんでしたが、遠い知り合いが結婚した噂などを、この頃よく聞きました。

 

その噂を聞くたびに、わたしは“逃げられた”という思いがじんわりと湧いていました。ヒドイですね。ヒドイことは知ってるんですが、どうしても25歳での結婚は、わたしの目には“逃げ”とか“保身”とかに写っていたんです。なんとも、厄介なこじらせ女です。

 

その頃のわたしの“エネルギー配分”はこんな感じでした。

 

 

25歳から26歳になったとき

 

25歳から26歳になったときには、“変化しようとすること”を社会が受け入れてくれるデッドラインが迫っている感じがしました。年齢的に“若手”ではなくなり、未熟さが受容されなくなる気がしていました。

今でも思うのですが、社会に出て“学び続けている人”と“学ばない人”との差は、26歳頃から指数的に広がっていくんじゃないかな。わたしは社会的に汎用性のある学び方はしていないという自覚があるので、とても怖いです。心の底から、独自性を磨いていくしかないと思ってます。

 

また、26歳になった頃から、どういう環境・状況だと自分が幸せを感じるのか、ということをよく考えるようになりました。どう考えてもバリキャリではないです。生活環境としては、お金と時間がバランスよく回るのがベストだと思ってます。たくさん稼いでも、たくさん暇があっても、使えないんだったら意味がないと思っています。稼いでる金額に見合った時間がほしい。

 

そのころの、“エネルギー配分”はこんな感じです。

 

 

26歳から27歳になったとき

 

26歳から27歳になったときは、“退屈な独り”が延々と続く恐怖を感じました。(それが、先日のPairs登録への迷走につながっています。)好きなことをして、楽しみながらのめり込んで、お金を稼いで...そういうことをしたい、という気持ちは変わりません。ガンガン変わっていきたい。ずっと同じ場所になんていたくない。

 

でも、息をつける幸せもほしい。

 

そんな葛藤があります。エネルギーとか勢いが無くなってきたのかもしれません。一緒に生きていきたいと思える人がほしいです。(切実に)

 

そして、今の理想的な“エネルギー配分”はこんな感じです。

 

 

まとめ

 

迷走してることは、わかってるんです。でも、迷走しないのもイヤなので、その点は別にいいんです。安寧として受け入れてるより、ずっと性に合ってます。

 

わたしの場合、何か行動するときは“目的”や“目標”とはべつに、“最悪のパターン”を想定します。今回の転職だったら、“仕事内容が合わずに失敗ばかりですぐに辞める(もしくは契約を更新してもらえない)”というのが最悪のパターンです。で、そうなった場合の安全策を考えて行動してます。わたしは高校生に勉強を教えられるので、最悪の場合は家庭教師や学習塾講師になればいいと考えてます。

 

でも、だいたい“目標”とも“最悪のパターン”とも違った方向に流れていきます。その度に、人生を想定なんでできないんだと知ります。

 

だからこそ、その都度、自分がどういうふうに“エネルギー配分”をしているのか、知らないといけない。そして、できれば改善点を探して変化していくように心がける必要があると思っています。

 

変化しないのは一番怖いことだから、変化するたびに現状を見つめ直すようにしていきます。

 

▼ライフ・デザインでおすすめの本です。デザイン思考をもとに人生を考えていきます。