26歳OL、正社員辞めました

Freedia

26歳OL、正社員やめました

【便秘解消】朝食をオールブラン×ナッツ×甘酒・豆乳にしたら、良いことだらけだった話

f:id:kahosblog:20180331181748j:plain

毎日の朝食をオールブラン×ナッツ×甘酒・豆乳にしたら、良いことだらけだった話

 

朝食をほぼ固定化した、ヤマノカホ(@kaho_yamano)です。平日の朝は、ほとんど同じものを食べています。土日も、朝食を食べる日はほぼ同じです。

 

なにを“毎日”食べているのか?タイトルの通り、【オールブラン×ナッツ×甘酒・豆乳】です。正確には、こんな感じです。

・オールブラン 40g

・ナッツ10粒くらい(アーモンド、クルミ、カシューナッツ、マカダミアナッツ)

・豆乳100mlくらい

・甘酒80mlくらい

ここに、ときどきバナナが半分~1本入ります。

このルーチン化は、もちろん意図的に始めたことなんですが、想定していなかったメリットもあったので、「ルーチン化」した理由と「実際のメリット」をまとめていきます。

 

 

 

 

毎朝【オールブラン×ナッツ×甘酒・豆乳】にした2つの理由

 

1.便秘で胸やけを感じたから

じつは、便秘は悪化すると胸やけがします(実体験)。これが、とてもツラいんです。みぞおちに、圧迫感と気持ち悪さとモヤモヤ感と...そんなものが、ずーっとあるんです。

そうすると、ありとあらゆるパフォーマンスが落ちます。腹の底から、やる気なんて生まれません。

これは、マズい...と。なにが何でも、便秘を解消せねば...!と。

そこで、毎朝トイレに引きこもる時間を作ったんです。

わたしは時間の無駄遣いがキライです。だから、中途半端な時間に出社するのが嫌だったんです。そこで、出社時間の1時間前には会社の入っているビルに到着して、カフェで有意義な時間を過ごしていたんです。具体的には、本を読んだり、ブログを書いたり、Amazonプライムビデオで映画を観たり……。また、朝の準備には最小限の時間しかかけないようにしていました。身支度+朝食+お弁当準備=40分前後で、家を出ます。

そんな朝の過ごし方では、十分なトイレ・タイムが作れなかったんです。そして、これが実は悪循環を生むんです。

 

・朝食を食べた直後に外出→家で便意を感じるヒマがない

・外でウ〇チはしたくない→便意をムシする

・便意をムシすることが習慣化→便意を感じなくなる

・お腹に便が滞留する→水分がどんどん奪われていく→カチコチなウン〇になる

・カチコチなウン〇→排便が困難に(痛みを伴う苦行になる)

・ウ〇チをしたくなくなる(痛みと大幅な時間がかかるため)

無限ループに突入

 

だから、わたしは我慢をしてトイレ・タイムを作ったんです。でも、思ったとおり痛みをともなうし、時間もかかる。おまけに、思ったようには出てくれない。ちょっと出ても、in>outであれば、滞留物は増えていくわけで……。胸やけが発生するわけです。

毎日出てたって、硬いまま。痛いのに、少ししか出ない。時間だけかかる。良いことがないんです。だったら、トイレ・タイムなんていらないじゃない!と。

そこで、便秘解消の定評のある【オールブラン】と【甘酒】に目をつけました。

 

2.短時間でほどほどに栄養バランスのとれた朝食を摂りたいから

わたしは、時間の無駄遣いがキライです(2回目)。

朝食、食べますか?食べる人は、何を食べますか?パンだけ?ご飯とお味噌汁?ヨーグルトとフルーツ?

朝からガッツリ食べる人は、ほとんどいないですよね。朝・昼・晩と、3食のなかで、いちばん量が少ない、と思います。

では、栄養バランスはどうですか?

朝食で栄養バランスを考えるのって、なかなか難しいですよね。朝からバランスのいい食事を摂ろうとすると、準備に時間がかかります。でも、朝食を楽しんで食べるゆとりなんて、学生や会社員にはないですよね。

楽しめないのに、時間だけがかかる……。無駄じゃないですか?

だから、手早く準備を済ませられる朝食がいい。しかも、ルーチンにしてしまえば、平日の朝食については何も考える必要がない。食材だって、決まっているからAmazon定期便を使えばいい。(オールブランをAmazon定期便で頼んでいます。腐らないって、ステキ!!)

 

だから、わたしは毎朝オールブランを食べています。

具体的に、栄養価の比較をした表がこちらです▼

f:id:kahosblog:20180331173042p:plain

※オールブラン+α朝食(オールブラン+ナッツ+豆乳+甘酒)

※ご飯+α朝食(白米+焼き鮭+豆腐とわかめの味噌汁)

※一日の摂取目安は18歳~29歳女性の数値です。

※表の空欄箇所はパーセントだったので、算出しませんでした。

※表に記載していない栄養素もあります。

 

ピンクになっている欄が、摂取目安の満たしている数値です。オールブラン朝食では、たとえばマグネシウムが全然足りていませんが、それでも充分に摂取できている栄養素がこれだけあることがわかります。

 

 

この2つの理由から、わたしはオールブランの朝食を固定化しました。

 

 

毎朝【オールブラン×ナッツ×甘酒・豆乳】にして良かった5つの効果

 

“便秘解消”と“時短×栄養摂取”を目的に、オールブラン朝食をルーチン化したところ、期待していた効果もふくめて5つの効果がありました。期待していたものも、想像とは少し違っていました。

 

1.スムーズなお通じ

ひとつ目の目的は、便秘解消でした。無理矢理つくったトイレ・タイムも思ったようにいかず、少しでもウン〇を出しやすくなれば...と思って食べはじめました。

結果、思った以上の快適に変化しました。具体的には、こんな感じです。

・毎日、トイレに入って5分以内にウ〇チが出る

・トイレに行く時間がなくて1日出ていなくても、翌日にしっかり出る。

・硬くない!

・柔らかすぎることもない

・残便感もほとんどなく、スルリと出てくる(しかも、見事なバナナ)

・胸やけが解消された

・しっかりと空腹になる

・ダルさがなくなった

・ウ〇チの臭さが軽減した

・おならの回数が減った

・ガスでお腹が張ることがなくなった

 

ひと言でまとめると、「健全な排便ができるようになった」です。とても快適です!

 

2.朝食準備のわずらわしさが、ものすごく減った

ふたつ目の目的は時短と栄養バランスでした。まずは、時短についてですが、想像以上に準備がラクで、朝食準備に対する抵抗感が減りました。

オールブラン朝食の素敵なところは、こんな感じです。

・オールブランを40gずつ小分けにしておけば、1食分を器に出すだけ

・ナッツを適当にとって割入れるだけ

・豆乳と甘酒を器に注ぐだけ

・火を使う必要がない

・包丁を使う必要がない

・洗い物が器とスプーンだけ

・味付けが不要

 

つまり、調理が必要ないんです。準備なんて、1分もかかりません。片づけだって、洗い物は2つだけ。かかる時間は、ほぼ食べている時間です。

 

3.朝食の栄養バランスが、圧倒的に改善された

朝食、しっかり摂っていますか?一人暮らしの会社員がしっかりとした朝食をとるって、あまり現実的じゃない気がします。

わたしの場合は、“コンビニで買った菓子パン一つ”とか、ざらでした。“ごはんと納豆”を食べればベスト。【ごはん×焼き鮭×豆腐とわかめの味噌汁】で先ほどの表ですから、菓子パンだけとか、ご飯と納豆だけとか、栄養が足りているはずがありません。

そう考えると、確実に朝食の栄養バランスが改善されています。とくに鉄分をしっかりと摂れていることがうれしいです。女性はどうしても貧血になるタイミングがあります。貧血になると、一気に身体が鉛みたいになります。そういう状態にならずに済んでいるのは、本当に助かります。

 

4.朝からあたまがスッキリしている

朝食を変えてから、午前中のパフォーマンスがあがりました。業務中に眠くなることが減ったんです。

以前は、ぼんやり過ごしていると始業時間からいつの間にか一時間経っていました。そして、10時半ごろになると眠くなってくる...。そんなことが日常的にありました。とくに、菓子パンを食べた日の午前中は、とても強い睡魔に襲われていました。

でも、オールブランにしてから、しゃっきりとしたまま昼休みを迎えられています。業務効率が上がりました。眠気もありません。これは、オールブランが小麦製品や白米に比べて、血糖値の上昇がゆるやかだからでしょう。オールブランは低GI食品にあたります。

低GI、高GIの話は、いま調べている途中なので別でまとめますが、参考になりそうな記事を載せておきますね。

style.nikkei.com

 

5.身体が痩せてきた

さいごに、とても印象的なのが“痩せてきた”ことです。体重は、オールブラン生活とはじめて1ヶ月で1.5kg減りました。でも、それだけではなく腰回りや太ももが細くなったんです。見た目で変化が出るのは3kgから……という話はよく聞きますが、1.5kgでも視覚的に変化しています。

そして、どうして痩せたのか?ですが、複合的なものだと思います。

まず前提として、摂取カロリーは減っていません。むしろ、朝食のカロリーは増えていると思います。

◇オールブラン朝食:380.9kcal

◇ごはん×納豆朝食:269kcal+100kcal=369kcal

なので、“オールブラン朝食”と“ごはん×納豆朝食”を比べると、いまの方が少しだけカロリーが高いです。それでも痩せたのには、3つの理由があると考えています。

[1]便秘解消によって、体内の老廃物が減って代謝があがった

[2]低GIなので、糖分の吸収がゆるやか→蓄えられる量が減少した

[3]オールブランを朝食にすることで、昼食・夕食の血糖値上昇も抑えられた

 

[3]については、先ほどのNIKKEI STYLEの記事の内容にも関係しています。“セカンド・ミール効果”というものがあるんです。ざっくりいうと、「低GIの食事を摂ると後の食事の血糖値上昇も抑えられる」という効果です。なので、朝食に低GIのオールブランを食べると、昼食・夕食も血糖値上昇が抑えられるんです。

ムリな食事制限をせずに痩せているので、すごく嬉しいです。また、食べる物の種類や質がこんなにも身体に影響をあたえるのかと、驚いています。正しい食事は、心も身体も健康にするんですね。

 

 

まとめ

 

想像以上にオールブラン朝食がよかったので、継続していきます。オールブランは、びっくりするくらい水分でカサが増すので、一食分40gというのは守ったほうがいいです。一気に食べ過ぎると、逆に便秘を引き起こすこともあるようです。

また、オールブランだけでなく、ナッツ・豆乳・甘酒の効果もあってのことなので、参考にしてみてください。

 

▼オールブラン(約1ヶ月分)

 

▼ミックスナッツ(無塩)500g

 

▼おすすめの甘酒

 

▼よくある豆乳